先生や友だちと夢を共有する場所。それが東アチのライブ授業です ライブ授業【英語】担当より
10名前後の少人数の集団授業形式の講義です。中学生から高校生になり、教科書の内容を理解するだけでも大変な高校生。分からないところを先生に直接質問しながら、仲間とともに、大学受験に向けた基礎作りをしていきます。 ライブでしか味わえない「楽しさ」や「緊張感」の中で学ぶ授業は、部活で疲れた体にもやる気がみなぎってくるでしょう。さて、大学入試改革により、英語の重要性は年々高まっています。さらに、英語を得意にすれば、大学のレベルも挙げられるし、選べる学部も増えていくのも事実です。
あっという間に過ぎてしまう楽しい高校生活の中で、英語だけでも得意しておくと、受験生になったときに大きな収穫であったことに気づくことでしょう。ですから、みなさん。高校の部活やクラブのように、「東アチ英語部」にぜひ入部してください。友達と共に頭に汗をかいていきましょう。毎週の英語のトレーニングが大学受験の成功に必ずつながりますから。
新しいタイプのLIVE授業の形です! LIVE授業3つのポイント 少人数できめ細かく指導し、現役合格に向けた土台作りをします。
少人数制のライブ授業なので、緊張感を持って集中して授業を受けることができます。また、授業中も、授業前後の時間も先生に直接質問することができます。少人数授は、授業の中でも個々の理解度を講師が把握して進めることができます。「ただ通っているだけ。」にはならない、「本当に理解できる授業」を行っています。
学力や目標に合わせた基礎クラス(Basicクラス)、応用クラス(Expertクラス)を選択
高校生になると数英ともに難易度が上がり、従って中学生の時よりもさらに、理解度に差が生まれます。ライブ授業ではクラスを2クラス編成で行い、レベルに合わせた進度・内容で進めていきます。応用クラスは、高2の段階で大学入試問題が解けるレベル、基礎クラスは、学校の授業内容を中心としとし、土台をしっかり身につけて、簡単な入試問題は確実に解けるレベルを目標にしています。
WEB予習⇒授業のスタイルで、学習効果がUP部活動をやっていて毎日忙しい高校生にピッタリ!
WEB授業の活用術 WEBの活用は2通り、ひとつは授業内容を先取りする「WEB予習」もう一つは、休んだ時に、録画授業を視聴することができる「WEB授業」。これで、部活も勉強も両立できる!

●Expert Class【応用クラス】

国立大・難関私大を目指すハイレベル『英語』クラス 大学受験に必要な英語を高2までに先取りマスター
難関私立高校受験で身につけた語彙力・文法力・  読解力はすでに高1内容(レベル)に達しています。その英語力をさらに上のレベルまで押し上げていき、最難関大学の英語へ十分に対応できる英語力を身につけるためのクラスです。独自のカリキュラムで進めていきますので、塾でのWEB予習・復習は不可欠です。本気でついてきた生徒は、難関大学の英語に対応できる揺ぎ無い英語力が身につきます。
応用力養成カリキュラム【高1~高2】
高1前期 英文法の導入
基礎から入試レベルまで
英語の土台である文法を、高校の進度よりも早く進めていきます。
夏までに基本レベルの英文法ならすらすらと解けるレベルになることを目標とします。
センターレベルの内容も扱います。
高1後期 実戦問題へ
入試長文に触れる
1学期から夏期講習にかけて学習してきた内容を実戦問題の中で復習していきます。
3学期までには、センタ―レベルの長文も解けるようにしていきます。
文法事項の穴はないかも確認していきます。
高2前期 英文解釈基礎
英文の構造をつかむ
いよいよ、本格的な英文解釈の授業を取り入れます。
一つ一つの英文の構造をつかみ、英文を訳すトレーニングを重ねます。
受験生(高3)の時に自力で過去問が解ける力を身につけます。
高2後期 英文解釈応用
自力で解ける英語力へ
MARCHレベルの文章を、辞書を使わずに訳せるようにしていきます。
また、要約問題など国立2次を見据えた発展的な内容も扱います。
英文法は復習として標準から応用までを扱います。

●Basic Class【基礎・標準クラス】

MARCH・センターレベル標準・基礎『英語』クラス 大学受験は「英語」で決まる。基礎からの受験準備。
中学の英語は基本的な英文や単語を覚えればある程度の問題は解けることができたはずです。しかし大学入試の英語は語彙・長文レベルのいずれにおいても高校受験とは格段に違うレベルが必要になります。そのレベルに到達するには、中学の英語を土台に、さらに幾重にも新しい語彙や文法の知識の積み重ねが必要になります。高1から大学受験英語に特化した英語力を着実に身に着けて高3生への土台を作っていきます。
基礎力養成 カリキュラム 【高1~高2】
高1前期 英文法の導入
基礎を固める
中学英語の復習内容を含めて英語の土台を築いていきます。
ただ公式的に英文法を教えるのではなく、一つ一つの表現を正しくイメージすることを
大事にしていきます。英文の「柱」をつくる重要な時期です。
高1後期 文法と基礎読解
反復により定着を図る
1学期から夏期講習にかけて学習してきた内容をもう一度復習していきます。
高校での英語も、この時期には難しくなってきます。
塾と学校の英語の「復習の質」が、今後の英語の伸びに大きく左右します。
高2前期 入試問題基礎
入試レベルに慣れる
高1で学んできたことを、入試長文などを含めながら、実戦形式で復習していきます。
同時に、高校生の多くが苦手としている文法・語法などもピンポイントで復習し、
総合的に英語を伸ばしていきます。
高2後期 入試問題標準
自信をつけて受験生に
前期よりワンランク上の入試問題を解いていきます。
文法だけではなく、語彙や文脈により解答を導くような問題を扱っていきます。
センターレベルの問題は、6割以上は取れるようにしていきます。
河合塾マナビスで大学受験まで「完全サポート」選べるカリキュラム

例① 理系に進みたいが、まずは定期テストレベルを定着させたい。

2年生前半まではLIVE授業で基礎をしっかり固める。数学・理科に時間のかかる理系を目指すなら、2年生後半からはマナビスで理数教科の先取り学習!

例② 国立大志望。部活も頑張りたいので自分にあった時間で勉強したい。

授業時間やペースが選べる河合塾マナビスは、部活を頑張りたい人にピッタリ。約700の講座から、自分の志望大学にあわせてチョイス!

河合塾マナビス八千代中央校047-409-3073八千代緑ヶ丘校047-458-5071
入会までの流れ

1.無料体験授業

実際の授業を体験することで、集団授業の雰囲気などをつかんでいただきます。
高校での学習進度やお子様の英語の理解度に合わせ、お子様に最適なクラスで授業を受けて頂きます。参加申し込みは、随時窓口で受け付けております。
WEB予習からの体験も可能です。(塾でWEB予習を視聴して頂きます。)

2.体験後のご連絡

無料体験授業の時のお子様の感想などをお聞きします。塾の授業についていくための個別のアドバイスもさせて頂きます。

3.入会のお手続き

■初回は窓口で初回費用を納入して頂きます。
初回費用:初回月の授業料・諸経費・入会金・教材費
※新年度の教材費は5月に口座振替になります。

■窓口にて入会書類、口座振替依頼書などをご記入頂きます。
持ち物:銀行口座のご印鑑(ゆうちょ銀行以外の銀行でお願いします。)

■WEB予習のためのWEBパスワードを発行します。
受講費用
入会金(税込) 7,560円 S.E.I.高校受験科在学者、もしくは兄弟姉妹が過去S.E.I.に在籍していた生徒は、
入学金を免除させていただきます。
諸経費(税込) 9,720円 年4回(3,6,9,12月)とさせていただきます。
授業料(税込)
(1講座あたり)
10,800円 授業料は、毎月6日(銀行休業日の場合翌営業日)に、
お手持ちの銀行口座から引き落しになります。
教材費 必要に応じてご購入頂きます。

●一旦納入された受講費用(入会金・授業料)は、理由を問わず返金することはできませんので、ご了承下さい。